--

--.--

« スポンサーサイト »

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2005

04.28

« ゲームセンターの動物達・2 ~君の名は編 »

やあ!まだゲームセンターだよ!(いいから)

Sっち「あ、あれ好きでしょ?」

Sっちが指差したのがこちら。


うーん。嫌いじゃないけど。
私「あの赤いのが一番いいかなあ(ネコっぽいから)」



でもよく見たらでっかいの以外に赤いのいないですよ。
紹介プレートを見てみましょう。



赤いの紹介されず。



こんなに目立つのになぜ。

Sっち「アレってFFの時に描いてたアレにそっくりだよね」※4/7の記事参照



Σはっ…!!!

うっかり念視修得。 ヤッタネ!
スポンサーサイト

★動物記[街]トラックバック(0)  コメント(-) 

    2005

04.26

« ゲームセンターの動物達・1 ~パンダ編 »

この前、久々に新宿に行ったので、久々にゲーセンに行きました。一時期の懐かしアニメブームは一段落、動物モノが氾濫していてとても面白いコトになっていました。

今、店頭に置かれていたりして、勢力が大きいのが、動くぬいぐるみ達。歩き回ったり踊ったりいろいろです。


そのままだとどこかに行ってしまうので繋がれています。
なんだか縁日の夜店を思い出します。


店頭でテーブルの上に置かれているクマとパンダ。これも歩き回っています。テーブルから落ちたりしないのかな?…と思ったらセンサーがあるらしく、ちゃんと向きを変えてテーブルから落ちません。おおすごい。


写真を撮っていると、クマの背後に近寄るパンダ。
あ、追いつく、と思われたその瞬間。

!!!


つ、突き落とした!突き落としたよ今!!
事故じゃないですよ!
パンダがクマを後ろから突き落としたんです!
あの人です!私見てましたから!!(必死の証言)

というわけで、2体で遊ぶには注意が必要だということが分かりました。

店内の筐体です。
ここでもパンダが凶暴性を発揮していました。
筐体内の台から降りて脱走。
景品出口にまっしぐらです。
客がクレーンで取る以前の問題です。



パ ン ダ 要 注 意 ですよ…!

★動物記[街]トラックバック(0)  コメント(-) 

    2005

04.24

« 僕の見た秩序。トークライブ第2回 »

行って来てしまいました。
トークライブ。動機;ぼくいぬのぬいぐるみが生で見たい。ヨシナガ氏がどんななのか(いろんな意味で)見たい;動機終わり。

この日、私は本来ならば、下北へPEALOUTのライブに行くはずでした。なのに、ぼーっとしていてチケットを取り忘れるというあり得ない(私が)展開。思いがけずフリーになってしまった4/23、そこへ僕秩ライブの告知が。これは行ってみたい…!というわけでSっちを誘ってチケットを取ったのです。が!その後になってPEALOUTのライブ、店頭売り分のチケットがまだあったことが発覚!!一緒に行くはずだったSちゃんに行けない旨をしかたなくメール。あああ。一日でもズレていてくれたら。。。

そんなこんなで当日、下北を振り切って新宿へ。LOFT本体(?)はたまに行きますが、プラスワンは初めて行きました。中に入ってすぐLOFTフライヤーを手渡されます。その表紙が、


まさかのPEALOUT僕秩風)。
何かの呪いでしょうか。ここまでの出来事が走馬灯のように思い出されます。嘘です。

そして時間通りに始まったトークライブ。内容はもうそれはそれはとてもとても面白かったので、その辺はマトモにレポートを書かれているブログとかサイトとかあるだろうから探してみたらいいじゃない。というわけで、ここは動物チェックからです。


出演者さんたちの前に置かれていた「ぼくいぬ」のぬいぐるみ。カワイイ。これはカワイイです。ぬいぐるみになると、可愛さが生かせないタイプのキャラもありますが、これはとても可愛くなっています。素敵です。(最後にじゃんけんでぬいぐるみを勝ち取った方に写真を撮らせていただきました。ありがとうございます。)

それから、販売されていましたオリジナルデザインTシャツ。味のあるウサギがイイ感じです。正面から見たらあんなに特徴があって分かりやすい動物をあえて横から描くという暴挙…じゃない高等テクニック。体に何が起こったのか心配ですがカワイイです。

そして、来場者全員にプレゼントしてくれる缶バッジ。いくつか紹介してくれたんですが、動物は「ぼくいぬ」くらいでした。あとは凄いことになってて動物どころの騒ぎではありません。ちなみに私がもらったのはこちら。

【写真左】動物だった形跡があるけど脱皮してオヤジになっているなにか。『やったネ!』って書いてあるけどやってないと思う。
【写真右】紹介された缶バッチのうちの一つ。「ヨガ」が「Eガ」になっていることにもう誰も触れることすらしなかった逸品。


でですね、↑こういう用紙が配られていて、質問を書くと、後のコーナーで答えてくれるかも!というのがあったんです。最初の休憩時間の時にいそいそと用紙を書き終わり、スタッフに渡すSっち。ホントよくそういうの思い付くよねぇ…。私が本当に聞きたいことはヨシナガさんの本業は何か?とかそういう答えてくれそうもないことです。なので、書くことがないなあと、テーブルに用紙を放置していました。
するとSっちが言いました。

「ぼくいぬ対決をしよう」

その用紙にぼくいぬを描きはじめるSっち。それを見えないようにして私もぼくいぬ描きに挑戦。出来上がりがこちら。

左が私、右がSっち画です。暗い所で撮っているので画質が限界です。
デスクに置かれているぬいぐるみを見ながら描いたのに、どっちも微妙。
話し合いの結果、頭身とか顔とか合わせて、コレとコレの中間ぐらいが正しいぼくいぬだという結論に達しました。

そこで文字を書き足すSっち
イラストのまん中に→『どっちが正しいですか?』
え?それ出すの?

スタッフに手渡すSっち。
そして、始まった質問コーナー冒頭にて、
まさかの採用。

ヨシナガさんは返答に困りながらも「まん中」と解答してくれました。ええ。同じ結論です(いいから)。

それから話は進み、最後の質問。
「もしデスノートが手に入ったら誰の名前を書きますか?また死因は?」
まさかの採用2回目。

それがいそいそ書いてたSっちの質問でした。どっから出てくるんだかねえ…。

ヨシナガさん「別に誰も殺さないけど…。うん。別に誰も殺さないですよ」

ですよねえ。あはは。(他の方が答えたりなどややあって)

ヨシナガさん「ブ○シュとか?死因はプレッ○ェ○をのどに詰まらせて」

ええ?!誰も殺さないはずだったんじゃ?!助けてリューク!!

いやあホント面白かったです。うわー長。すみません。面白かったんですよ…。第3回を要チェックですよ!さっき電話ありまして、明日(っていうか今日)はなんの呪いか知りませんが出勤するはめに…。えーやだあ!ださーい!...........もう寝ます。

★動物記[その他]トラックバック(0)  コメント(-) 

    2005

04.18

« 愛・地球博をめぐる動物(っぽいもの)物語 »

僕秩ヨシナガさんのモリゾーとキッコロの記事を読んでから、もしも街でモリゾーとキッコロの着ぐるみに遭遇したら絶対に足の写真を取ろうと心に決めていました。私の職場の近所でスーツ姿なのにモリゾーとキッコロのピンバッジを付けさせられ痛々しいサラリーマンの方達がたくさんいるのでもしかしたらそんなこともあるかなと思って。

とある休日、Sっちと表参道をフラフラしていた際、やや遠目からキデイランドの前に着ぐるみ風の影を発見。「なんかいる~!!」と駆け寄る私達(←大人)。仕事が終了したらしい影は店の横手の路地へ。

あっ!待って!

裏口寸前で追いつきました。

私「すみません。ちょっと写真を…」

係のお姉さん(親切)「あ、マモタン写真だって、こっち側向いて~」

Sっち「…マモタン?」
 ↑ソコの人!小声でつぶやかない!

係のお姉さん(親切)「マンモスだからマモタンなんです。『愛・地球博』のキャンペーンキャラクターなんですよ」(チラシをくれる)

Sっち「…~タンて」
 ↑ソコの人!小声でつぶやかない!

マモタン正面写真。牙が片方しかないよ。

係のお兄さん(親切)「かたっぽ折れちゃったんですよ。アハハ」

意外と激しいお仕事のマモタンです。

Sっち(マモタンのある部分に気づく)「マモタン、メッシュ…通気口…いやハゲが…」←言い直して余計に…。

係のお兄さん(親切)「マモタンM字ハゲなんですよ。アハハ」

意外と心労の多いマモタンです。


写真だとわかりませんが、めくるとメッシュ薄毛になっています。

お姉さんがくれた突っ込みどころ満載のチラシ

いちいち書くのも面倒な程に突っ込みどころがあるので、あとは各自勝手にマモタンサイトで楽しんでください。家に帰りつくまでが「愛・地球博」です。

暑い日でした。おつかれさま!マモタンの中の人

今度こそモリゾーとキッコロに遭遇出来るようにがんばりたいと思います★



僕秩風にこういうの多めでお送りいたしました。

★動物記[着ぐるみ]トラックバック(0)  コメント(-) 

    2005

04.13

« ブルースハープ byりす »

左足がイイ。

★動物記[ナマもの]トラックバック(0)  コメント(-) 

    2005

04.12

« 下北沢・看板猫 »

この前、下北に行きました。今回は251でしたよ。
Radio Carolineの新曲がねえ…もおねえ…カッコいいんですよ!!何回聞いても!!!DIRTY HEAVENがものすごい好き!!何してくれてんの?!ウエノさん、何?!そのベース何?!めためたカッコいいんですけど!!!ぴょこぴょこ跳ねながらものすごいの弾いてるし!なにそれ。もーホントカッコいい。エロカッコいい。なんなんですかあのセクシー番長は。反則なんですけど。ああもうクロスのチョーカー似合うなあ…。あの手とかさあ…(←音の話じゃなくなってますから)

そんなわけで(?)下北に行くたびに気になっていたモノをやっと写真に収めて来ました。下北って大抵ライブで行くので、冒頭↑のようにおかしなテンションになっていることが多く、そういうのを忘れてしまうのです(後でアレ撮っとけばよかったと思うこと多し)。

駐輪禁止看板。ネコなんですけどね。全然だめなんですよね…。
ネコの良いところが全く生かされないカンジで。眉毛あるし。
そもそもネコが注意を促したりするのはしっくりきません。
放置禁止どころか、「温かいから」という理由だけで
新車のフェラーリの上に己を放置してこそネコというものです。
おまわりさんは犬ですし、迷子なのは子猫ちゃんですし、
迷子の迷子のおまわりさん…と歌ったのはチバユウスケさんですし。
だからー、ネコとチバユウスケは注意を促すのには向かないんですよ。
きびきびしちゃだめなんですよね。
だらーんとかぐたーんとしててくれないと。
切れることはあっても、次の瞬間には
もう忘れてごろーんとなってるような。
そんなのが良いです。

えーと、下北沢はライブハウスがいっぱいあって楽しいところですよね。(←締めたつもりらしい)

★動物記[街]トラックバック(1)  コメント(-) 

    2005

04.11

« イルカの件 »

ある日Sさんからオモシロいよこれ。と、↓が送られてきた。


…会社で見ていたので笑いを堪えるのに相当苦労しましたよ…。
その方面の方々には相当今更なんでしょうが、Office系は殆ど使わない私にとっては、もう…、それはもう…(何)。可愛い(?)イルカが目をキラキラさせながら質問を待っていてくれるのに、あまりにもつれない入力欄。あーおもろ。多少はOffice系で作業したこともありますが、その時確かに、「ウザい。消したい」と思った。少しでも知っていれば伝わるこのオモシロさ。というわけで私はいろんなヒトにこの画像の話をしていたのです。
すると、さすがはSっち。ただでは終わらない。「イルカの消し方」で検索をしてみたらしいですよ。以下Sっちからのメール、勝手に抜粋。

★動物記[デジもの]トラックバック(0)  コメント(0) 

    2005

04.08

« 寝動物(生) »

仕事をしていたら0:00近くにYさんよりメール。
pptファイルが付いている。そして本文にはだた一行
 >見たら、眠くなるよ!
えー。仕事中やねん。眠くなったらあかんがな。
と関西弁になりながらファイルを開いてみました。
以下抜粋&再編集。

猫サラダ


犬タイル


トムと○ェリー


スヌー○ー


イヌのプーさん


なにもそんな時に


そんなところで


寝なくても…


まるでぬいぐるみだけど、


みんな本物。


Yさん、眠くっていうか…コレ……
ああ…(←感想)

★動物記[ナマもの]トラックバック(0)  コメント(-) 

    2005

04.07

« 動物パーティー at ファイナルファンタジー7 »

おたくな話をします(宣言)。
 FF7を知ってますか?ファイナルファンタジー7(1997年)という、当時のスクウェア、現スクウェアエニックスのRPGゲームです。私が自力でやり終えた数少ないゲームのうちの一つです。これの何が良いってレッド13ことナナキそしてケットシーですよ。それに尽きますね。
↓ゲーム話の最中、記憶のみで描いたナナキ(上)ケットシー(下)
※所要時間2分

えー、私の絵が下手だということ以外、なにも伝わらなくてすみません。
本当の絵はこちら →レッド13(ナナキ) →ケットシー
ゲーム画像で動いてる方がカワイイです(いいから)。
 彼らがねーもー良いんですよ!このゲームは基本3人のパーティーで進めるのですが、主人公は外せないので仕方ないとして(仕方ないんかい)、あとはナナキケットシーという動物パーティーで戦っていました。このゲームは各キャラクター毎にリミット技というのがあって、戦闘中受けたダメージの分だけゲージが溜まっていって、いっぱいになるとリミット技という大技が出せるんです。ボス戦などはこれがとても有効なわけです。ナナキは良い子なのでレベルが上がればとても強くなるし、リミット技には攻撃もあれば回復魔法もあるというとっても助かるキャラなのですが、問題はケットシー。彼のリミット技は何故かギャンブルなのです。ダイスを振って出た目で何をするか決まる。プレイヤー側で選べないので、下手すると何の役にも立たない(それでもリミットゲージは0に戻る)で、1ターン。しかも通常の物理攻撃をすると、本体(下の白いのはぬいぐるみのおもちゃで本体は上のネコ)がぬいぐるみからヨイショっと飛び降りて、てくてく敵のところに歩いて行き、ぺしっとたたく。敵のHP200のところにダメージ2。みたいなことをするんです。ありえない。ダメージ1桁ってアナタ。相手が3桁の時にアナタ。MPがなくなったケットシーはホントにありえない。3人しかいないパーティーで1人が役立たずってスゴイですよ。でもてくてく歩く姿がカワイイので時々通常の物理攻撃をして楽しむのは基本です(←バカなんじゃ…)。というわけで動物パーティーで戦い抜きましたよ(←バカなんじゃ…)。
 余談:ROSSOの2ndアルバム告知で「動物パーティー」という曲があるのを見て、真っ先に思いついたのがコレだったというのは秘密です。:余談おわり。
 まあそんなバカな楽しみ方をしていたので、FF8以降、動物キャラもどんどんいなくなって、とてもつまらないわけで…。ファンタジーと銘打ったゲームなんだから喋る動物とか、300歳の魔法使いとかみたいな、現実であり得ないのがいてこそなんじゃないのかと思うんですが。。。「人間達の物語」とか言われましても個人的にはなんもオモシロくありません。リアルな人間なんて誰がゲームに求めているのでしょーか。えー?求めてるの?あそう…。
 今度「ファイナルファンタジー7アドベントチルドレン」というFF7続編の映像作品が発売されるというのを教えてもらってサイトを見ました。ケットシーはストーリー上仕方ないにしてもナナキ出てないじゃーん!!ノー!!もう全然NO興味。映像作品っていう時点で、既に何かが間違ってるのに。あの映画で懲りてな…(以下略)

★動物記[デジもの]トラックバック(0)  コメント(-) 

    2005

04.01

« 音楽と虫 ~Koologi »

昆虫話ではありません。ヘタレ動物好きなので昆虫類、爬虫類、両生類、ディ○ニー類、サン○オ類は大抵ダメなんです。ああ、そんなことはどーでもいいんです。バンド名に動物がいる人たち、いますよね。例えばミッシェルガンエレファントとかミッシェルガンエレファントとか。コオロギもバンド名でして、KOOLOGIと書きます。で、昨日のクアトロでのライブに行ったわけですけれども。


いたよア ベ フ ト シ。声を大にして、アベフトシ。意味なく使ったこともないタグを使ってみました。アベのギターはなんでああかな?なんであんなカッコイイかな?もースゴいよ!!!CD聞いて曲はそんなに好みではないとか思ったくせに。だって普段聞かないよKPT処理みたいなロゴの系統なんて(通じるのかこの説明)。とかいいつつ、もう超ものすごい満喫。なんだあれは。あの人オカシイよ。飢えたアベファン達(男女問わず)は、アベの一挙手一投足で大騒ぎ。ああも踊らされると、もおバカだなあとニヤニヤ笑えてくる始末(危)。そして同じような反応をした知らない人たちと目が合っては大笑い。「や、いま弾いてないからw」「ちょっと動いただけじゃんね?」と笑いを堪えて確認。みんな本当にアベ好きだね。おもろ。アベは軽薄な笑顔(Iちゃん談)を浮かべつつ、相変わらずマイクスタンドはピック置き場で何も言わないんだけど、それはもう最高にカッコ良かったのでした。ああ素敵。

オマケ話1
OAがKOINUというバンドでした。コオロギの前にコイヌ。
異種交流動物パーティー(微妙)

オマケ話2
その前日も渋谷をウロウロしていたら屋根裏にこんな人たちが。

猫中どく。うん。それって共感。
獣偏が下手。うん。それって共感。
(↑Sっちにわざわざ持ってもらって撮影)

★動物記[音楽と~]トラックバック(0)  コメント(-) 

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。